築70年の既存建材の美しさが際立つ和モダンスタイルの家

無添加の築70年の邸宅を梁等の良い素材はそのまま活かしてフルリノベーションしました。

Before

ご相談内容の具体例
    • 和室が並ぶ典型的な田の字型住宅のため、光が差し込まず暗く寒い
    • 床の痛みが気になる

After

無添加の築70年の宅邸を梁等の良い素材はそのまま活かしてフルリノベーションしました。
リノベーション前は和室が並ぶ典型的な田の字型住宅でしたが、仕切り壁や柱を取り除き、縁側を繋げ採光が行き届く明るく開放的な空間へ…

 

 

 

開放的なLDKや寝室は漆喰で空気が綺麗でおいしい空間へ…
床材はカバノキ、パインの無垢材で温かみのある環境にも身体にも良い無垢材と自然素材をふんだんに使用しております。


外壁は漆喰+焼板で仕上げました。どこか懐かしさを感じる外観です。

また、防腐・防虫効果のある焼杉で、漆喰と焼杉のコントラストが美しい外壁になりました。


玄関ホールには、お施主様が大事にされていたステンドグラスをそのままはめ込み再使用しました。
お施主様のお父様が趣味で集めていたアンティークの照明も取付けました。
玄関は時を刻むごとに美しく経年変化する天然石の玄昌石です。

大容量の収納ルームは昔ながらの蔵を改装しました。
蔵の2階を上がると旦那様がゆっくりくつろぐことができる趣味のシアタールームへ。
大人の空間を楽しめる部屋へ…。


回遊型の間取りで家事ラク動線。中廊下に収納を設け、無駄なスペースをなくしました。