暮らしやすさを改善した家

増改築を繰り返した家の壁や天井、床板を取り払い、暮らしやすさを改善しました。

Before

before

ご相談内容の具体例
  • 築75年の典型的な田の字型農家住宅であり、隙間風が寒く、暗く使い勝手の悪い家
  • 南面いっぱいにとられた広すぎる縁側とめったに使用しない立派な座敷が無駄
  • 家族が毎日集う場所は昼間でも電灯が必要なほど、北に面した暗くて寒い4畳半の和室
  • 部屋数は多いが、収納スペースが極端に少ない
  • 電化製品が増すにつれ、ブレーカーがよく落ちる
  • 小さくて狭い浴室に洗面所
  • 何よりも一番心配なのが「地震」

After

暮らしやすさを改善した家

古民家再生本物の素材を使ったお家は、使い勝手よく改装することで何十年も生き続けます。
築80年のY様邸は柱や梁などの構造材が良い材料を使われていたので、その素材の良さを生かしての大改装です。

暮らしやすさを改善した家
暮らしやすさを改善した家

窓のない茶の間、閉鎖的な廊下をも取り込み、生活の中心となる明るいリビングにしました。
天井の立派な丸太梁はそのまま魅せ、壁は漆喰で仕上げています。

暮らしやすさを改善した家
暮らしやすさを改善した家
暮らしやすさを改善した家
暮らしやすさを改善した家