住まいの無添加博士 田口のブログ

古民家の記事一覧
2018.06.18更新

淡路島にて

今朝の8時前に突然ケイタイの地震速報が鳴るとすぐに

グラグラと大きな揺れで思わず事務所を飛び出してしまいました!

大阪では大きな被害情報もあり、とても心配です。

 

今日の久し振りのブログの更新は週末に淡路島であった

古民家再生協会の近畿地区大会で主催は私たちの兵庫支部が

近畿各府県から来られた方々のおもてなしをしていきます。

最初の見学地は洲本市から車で30分程の所にある「ついどはん」で

ここは洲本市と域学連携活動として築100年を超える古民家(旧高田邸)を

建築学を学ぶ大学生が設計から施工まで携わって再築された所です。

ついどはん.jpg-1

今回参加された方々の集合写真(今回のカメラマンは私です)

近畿地区大会1.jpg-1

この後は旧益習館庭園で洲本市の職員の方から説明を聞きながらの見学です。

この庭は徳島藩の筆頭家老稲田氏の別荘の庭として作庭されました。

説明を聞いていて淡路島は昔、徳島県に属していたのにビックリです。

旧益習館庭園.jpg-1

そして最後は築108年の古民家「米田家」で

ここは地域創成の拠点として再生されたところです。

米田家.jpg-1

このお家の二件隣にドラゴンクエストの生みの親である折井雄二さんの

生家があります。

ドラクエ.jpg-1

この後は懇親会でしたが私は車で来ていたので大好きなお酒が飲めずにトㇹㇹです!

今回の近畿地区大会で感じたのは兵庫会員は4人とあと応援のスタッフ4人で

スケジュールを段取り良くこなしてきたのですが一人ひとりのスキルの高さ

そして常に前向きで向上心のある方々の中でお手伝いできたことで

とても充実した一日になったことに感謝です!

2018.03.23更新

古民家鑑定調査

今日の昼からは古民家の鑑定調査に

姫路市の南、浜手に建つお家にお伺いしました。

調査したお家の前宅は1713年に建てられたそうですが

今回のお家は築150年以上です。

014.jpg-1

土地は約1000坪で建物は全部合わせると200坪以上あります。

調査内容は図面がないので間取りの作成から

建物の外部そして各室の内部と屋根裏から床下まで調査し

屋根にも上がり瓦の傷み具合も調べます。

使われている柱や梁などは今では考えられないぐらい

大きな部材が使われていて

レーザー水平器で調べても、ほとんど傾きはなく

しっかりした構造です。

あらためて木・土・紙・石などの本物の素材を使う家は

人工的な素材を使用する家と比較すると

長持ちするということを痛切に感じた調査でした!

2017.05.27更新

古民家鑑定士

今日の午前中は神戸で古民家鑑定士の

3年ごとの定期更新講習がありました。

古民家鑑定士1

 

日本には世界最古の木造建築、法隆寺があり築1300年です!

神戸市にある箱木家住宅は日本最古の古民家で

806年に建てられたとされています。

兵庫県にも古民家とされる古い建物がたくさんあります。

その様な古民家を鑑定し建物コンディションを明確化することで

古き良き建物を保存していくことも古民家鑑定士の仕事と言えます。

2013.08.24更新

薪ストーブ

今日はY様邸の薪ストーブの 取り扱い説明です。 ベルギー製のドブレ640CBで リビングの空間に、とてもいい雰囲気を 醸し出しています。
photo:01

iPhoneからの投稿
2013.08.17更新

古民家再生の完成前見学会

今日はY様邸の古民家再生 完成前見学会でした。 しっくいの壁や天井 ムク材の床や柱・梁など アルファ工房らしい仕上がりになってきています。
photo:01

完成まであと少し頑張ります。 iPhoneからの投稿

自然素材 無添加素材住宅会社 株式会社アルファ工房

〒671-1103
姫路市広畑区西夢前台5丁目225番地
TEL:079-236-7117