古民家

古民家鑑定調査

今日の昼からは古民家の鑑定調査に

姫路市の南、浜手に建つお家にお伺いしました。

調査したお家は定かではありませんが

江戸時代に建てられたようです。

014.jpg-1

土地は約1000坪で建物は全部合わせると200坪以上あります。

調査内容は図面がないので間取りの作成から

建物の外部そして各室の内部と屋根裏から床下まで調査し

屋根にも上がり瓦の傷み具合も調べます。

使われている柱や梁などは今では考えられないぐらい

大きな部材が使われていて

レーザー水平器で調べても、ほとんど傾きはなく

しっかりした構造です。

あらためて木・土・紙・石などの本物の素材を使う家は

人工的な素材を使用する家と比較すると

長持ちするということを痛切に感じた調査でした!

関連記事

  1. 古民家

    古き良きものを残しながら・・・

    現在、築57年たったT様邸の全面改装工事をしているのですが事前に調…

  2. 古民家

    薪ストーブ

    今日はY様邸の薪ストーブの取り扱い説明です。ベルギー製のドブレ64…

  3. 古民家

    淡路島にて

    今朝の8時前に突然ケイタイの地震速報が鳴るとすぐに グラグラと大きな…

  4. 古民家

    古民家再生

    今日から築80年たった、Y様邸の古民家再生工事が始まりました。本…

  5. 古民家

    築100年の家

    昨日、リフォームの打合せに行っていたI様邸は築100年ですが手入れを…

  6. 古民家

    築80年の解体

    解体前解体初日3日目4日目で無事に解体工事は完了…

オフィシャルサイトへ

新着記事

  1. 2018.07.11

    地鎮祭
  2. 2018.06.18

    淡路島にて

アーカイブ

PAGE TOP