日本の建築

長期優良住宅

日本の住宅は30年の寿命

そして中古物件になると建物の評価額はゼロ

これではダメなのでもっと欧米なみに

耐久年数も長く古くなっても価値がある

建物をということから

昨日より長期優良住宅法の施行が始まりました。

補助の要件を満たすことで

1戸当り建設費の1割以内かつ100万円を限度に

補助金がでます。

そしてローンの返済期間も35年から50年へ・・・

でも50年ローンを支払うのは正直しんどいと思うのですが?

関連記事

  1. 日本の建築

    変化していく住宅業界

    住まいの憲法ともいえる住生活基本法の2006年の施行を受け08年12…

  2. 日本の建築

    古民家

    昔の家は、すきま風が入ってきて冬は、さむい寒い家が多かったのですが…

  3. 日本の建築

    住生活基本計画の見直し

    住生活基本計画とは、平成18年に制定・施工された住生活基本法に基づき…

  4. 日本の建築

    日本の建築を考える 1

    日本は昔から木の住まいでした。木は居住性のすぐれた材料で木の持つ調…

  5. 日本の建築

    価値観の違い・・・

    建築の工法には日本の気候風土に適した軸組み工法に2×4と木質パネル工…

オフィシャルサイトへ

新着記事

  1. 2018.07.11

    地鎮祭
  2. 2018.06.18

    淡路島にて

アーカイブ

PAGE TOP