住まいの無添加博士 田口のブログ

2008年4月の記事一覧
2008.04.30更新

やっぱり木はいいです。

今日は朝からこの地域では一番多くの国産材の銘木を

在庫で持てれている川西銘木さんの所に仕入れに

行ってきました。

クリックして頂ければ大きく見れます。

左は

樹齢400年の岡山産の栂

真ん中は

鳥取産の桐でアクを抜くため雨風にさらしていたので

こんな色になっています。

右は

樹齢400~500年の鳥取産の栃の木です。

今ではこんな大きな板が取れる国産材も少ないです。

日本の国土の約3分の2が森林なのに

それが、いかされていない・・・

林業の就業者の減少と手間や人件費がかかり

外材が安く入るようになったとか色んな要因が

ありますが・・・

自然林などは枝打ちや間伐をしないと木に

光があたらないので真っ直ぐな木に育たず

人工林などは充分に根が大地に、はっていないため

3年前のような大きな台風が来ると木が倒れてしまう。

数少ない日本の資源のひとつの林業のことも

道路問題以上に真剣に考えてほしいものです

2008.04.29更新

サービス業・・・

建設業はサービス業です。

特にこの連休は大手ハウスメーカーにとっては

いかに集客するかは大事なことです。

大手に限らず中小建設業も連休だからと

休めるかというと競争社会ですから

中々休めません。

業種によっては工場が休みだから

その間にメンテや補修や改装などの仕事があります。

連休中に仕事をしたから、その後休めるかというと

安定した保障がないので休めないのが現実です。

世間全体が同時に休めばいいのですが

観光とか飲食などは儲け時なのでそのような事は

出来ないし・・・

でも国民全部が休みの日があってもいいと思うのですが・・・

2008.04.28更新

気持ちいい・・・

自然素材のムク材は調湿効果や遮音・吸音などの効果

そして自律神経を安定させる効果もあります。

左から国産材のから松・楢・杉の床板です。

他にも桧やヒバなど色々あります。

素足に一番優しくて気持ちいいのは杉ですが

その分、木が柔らかいので収縮が大きいのが

難点ですが県立武道館の床は杉の寄木が

使われています。

楢は樹齢100~300年の原木から加工されていて

硬く高級家具などにも使用されます。

から松はその中間で今からの時期は素足で歩くと

気持ちよくお薦めです。

ムクの桧と一般的によく使われるフロアーの

断面の比較です。

フロアーは合板で出来ているため呼吸せず

夏はべトつき感が有り冬は冷たいですが

隙間が開いたりしない長所もあります。

ただ自然素材のムクの木は年数がたつ程

風化していい色合いになっていきます。

2008.04.27更新

参加することに・・・

クーベルタン男爵が

「オリンピックは参加することに意義がある」と

言われましたが、この言葉も過去の言葉に・・・

聖加ランナーの回りは警備だらけで

一般市民は見れない。

今回のオリンピックはスポーツの祭典というより

国を誇示したいというか政治的・国家権力的な

要素が感じられるのですが・・・

今回に始まった事ではないのですが商業的にもなり

オリンピック本来の意味が違った方向に・・・

参加する選手には関係はないのですが!

           ↑

政治的な内容は今回をもって控えます。

           

2008.04.26更新

クラクション・・・

ほんの少し前のことで

姫路駅の南にバイパスが走っているのですが

連休のスタート日のせいか西行きが渋滞してます。

私は本線に入るため窓を開けて手を上げて

入らして下さいねの合図で進入したとたん

後の車から、おもいっきり大きな音のクラクションが・・・

私はルームミラーで後の運転手を見て

車から下りてなんで鳴らしたか聞きたいくらい

頭の中はカチーンですメラメラ

何かの間違いで鳴らされたと思いたいのですがむっ

私は会社に行くのにバイパスを利用するのですが

いつも下りる手前のランプあたりから渋滞しますが

本線を走っている車はランプから進入してくる車を

交互に入れるのが暗黙のルールとしてできています。

たまに本線を走ってる人で入らせないように前の車に

ピタット隙間を開けない人もいますがガーン

でも無意味なクラクションは止めてほしいものです汗

自然素材 無添加素材住宅会社 株式会社アルファ工房

〒671-1103
姫路市広畑区西夢前台5丁目225番地
TEL:079-236-7117