無添加住宅

「無添加住宅」の素材

接着剤に含まれる化学物質が健康に良くないことが明らかになり、
各建材メーカーはホルムアルデヒドの含有量の低い商品を次々に発表しています。
しかし、私たちは、極限まで自然の素材にこだわります。

例えば、日本では古くから米でつくる「米のり」、
動物の骨や皮を煮てつくる「にかわ」などを使っています。
それらを研究して、無害な自然のりを安定的につくり、建具に利用するなど実用化してきました。

また、問題の多いビニールクロスに代わる内装素材として「漆喰(しっくい)」塗り工法を
開発するなど、化学物質を使わない無添加の素材と工法で住まいづくりを進めます。