「無添加住宅」の天然素材

アルファ工房の取り組み

無添加住宅は化学物質を使わずに天然素材でつくるから安心です。

体に良くないものは使わない。こんな当たり前のことに目をつぶってきたのが日本の住宅産業です。
コスト優先、均一な品質で大量生産するために、化学建材を多用した住宅づくりが
「シックハウス」を生み出したと言えるでしょう。

シックハウス症候群の原因のほとんどが接着剤に含まれる化学ノリだとわかってきました。
そこで私たちは、化学ノリをいっさい使わずに家を建てることはできないものかと、
長年研究してきました。
そして、ついに体に良い、無添加住宅を完成させました。

さらに、建材などには天然素材を吟味して選び、究極の無添加を実現。
化学物質を使わずに、自然で健康な家づくりを進める「無添加住宅」の誕生です。

私たちの「無添加住宅」は、極限まで自然の素材にこだわっています。
例えば、化学のりに代わる接着剤として、
米でつくる「米のり」・動物の骨や皮を煮てつくる「にかわ」などを使っています。
長年の研究の結果、無害な自然のりを安定的につくり、
建具に利用するなど実用化することができたのです。

また、問題の多いビニールクロスに代わる内装素材として、
安価な「漆喰(しっくい)」塗り工法を開発するなど、
化学物質を使わない無添加の素材と工法で住まいづくりを進めます。